転職採用に意欲的な業界

転職者の採用に意欲的な業界として、IT業界が挙げられます。特にスマートフォンが爆発的に普及してきたことを背景として、求人数が増大してきています。これは、モバイルサービスを従来の携帯電話からスマートフォンに移行する企業が増加する傾向にあるからです。そのためにIT業界、特にスマートフォンなどのモバイル業界は拡大を続けていて、今後も増大傾向が続くことも予測されています。このモバイル、スマートフォン業界は、とにかく開発などのスピードを上げてスマートフォン対応に移行したいため、即戦力となる経験とスキルのある人材を求めています。それが転職採用について非常に意欲的になっているという結果につながっていると考えられます。

転職は積極的に?

様々な理由で転職をする人がいますが、中には積極的に考えている人もいます。自身のキャリアアップに向けたビジョンが明確であったり、ヘッドハンティングされているといった方です。成果主義や能力重視の企業が多くなり、企業が積極的に優秀な人材を求めているということもあり、高い技術や能力を持っている人にとっては自身を活かすための場所を見つけやすく、望む環境を目指しやすくなっているのです。そういった意味で、積極的に考えることは自身の価値の向上につながり、より良い仕事や労働条件が得られるきっかけになります。注意としては、現在の仕事にちょっとした不満があるというだけで、転職するということではあまりプラスになることがないということです。

転職して法人営業

企業同士の様々な取引を担当する法人営業には、大きく分けて3つのタイプがあります。企画を持ち込む企画営業、取引先が抱える様々な問題解決の対策を提案するコンサルティング営業、自社製品やサービスを販売するルート営業です。多くの人がイメージするのはルート営業ですが、今では総合的な能力を持つ人が求められています。特に、専門職などから転職して総合商社で営業として働く場合は、様々な能力が必要です。また、営業職としてもっとも大切なことは顧客のためになり、顧客が喜ぶ営業をすることです。細かなところに気を配り、様々なニーズを引き出しながらそれを満たす情報やサービス、製品を提供することが、営業職の使命です。転職して法人営業になるならば幅広い視野を持ち、顧客企業についてしっかり調査することは基本です。

転職してリテール営業

営業職の中でリテール営業の経験を積むことは、ほとんどの業界で共通しています。特に銀行や証券会社、生命保険会社などに入社した場合には、必ずといって良いほどに経験します。いわゆる金融業界でのキャリアのスタートです。そのため、転職の際に営業職になった場合、経験がない限りははじめにリテール営業を経験します。これは営業の基本であり、また自社の商品を理解して業界の動向を理解することができます。前職での人脈があれば、それをリテール営業に活かすこともできます。リテール営業は自身が資本であり、顧客がすべてです。信頼関係を築き、お互いの利益が生まれるようにしなければなりません。転職してリテール営業を目指すのであれば人脈や信頼関係を大切にし、常に経験や知識を深めて努力し続けることが必要です。

転職してMR

医療関係でMR認定資格を取得している方、現在MRとして活躍している方が転職して別の会社のMRになるということが多い中、いきなり別業種からMRへ転職することはほぼ不可能です。MRになるためには『CSO』という医薬品営業業務受託機関でコントラクトMRとして、経験を積む必要があります。CSOは、未経験者を派遣型MRとして製薬メーカーに派遣する企業のことです。コントラクトMRは、CSOが契約する製薬会社と一定期間契約し、派遣されるMRのことです。こうすることで未経験者でも派遣MRとして、製薬会社で一定の研修を受けることができ、経験を積むことができます。この経験期間がMR認定資格試験の受験条件となり、MR認定資格試験を受けることができます。