転職といえば、社会人なら一度は経験したことがある人が多いかもしれません。今の職場より、少しでもよい環境で自分を高めていきたいと願うなら転職は決して悪いことではありませんね。いくら石の上にも三年といっても、自分に合っていない会社で成長できる見込みがないまま、ずるずるとしてしまってはいいことだとは言えないでしょう。では転職の心構えには何があるでしょう。まずは、現在努めている会社に、できるだけ迷惑をかけずに退職することが大切ですね。最近は突然会社に来なくなったり、数日前に退職の意思を伝えるなど、少し会社にとっては迷惑となる事例も多くあるようです。突然辞めてしまうということは、就職してからまだ日が浅い人に多く見られます。会社としても教えるために時間を割いていることがありますから、困ってしまうということもあるでしょう。しかし、会社側の意見としては本当に自分には合っていないという場合は、1週間勤めるよりも1日で辞めてもらった方がいいという声も耳にします。

確かに1週間を無駄にすることを考えれば1日で辞めてもらった方がいいという意見も納得できますね。通常は退職の意思を伝えるのは1か月前とされている会社が多いでしょう。その間に仕事を引き継ぐことになります。引き継ぎ期間中は、お世話になった取引先にも挨拶をし、新しい担当者に引き継いだ旨を伝えておきましょう。会社で取り扱っていた個人情報等は取り扱いを厳重にします。そして、新しい仕事探しになります。

転職の際の必需品といえば、履歴書と職務経歴書ですね。最近は職務経歴書が必要不可欠になっています。今までどのような業種でどのような仕事を任されていたのか、また役職は何になっていたのかなどの記載事項がありますから、好印象を得るためにもしっかり記入しましょう。転職の際には希望する会社に面接にいくわけですが、ここにもポイントがあります。まず、前の会社はどうして退職したのかということは必ずと言っていいほど聞かれる事項です。面接官はこの質問の中に、面接者のいろいろな情報を見出すのでしょう。会社で採用してもすぐに辞めてしまわないか、適性はあるかどうかなど面接を通して見られますから、心構えをしっかり持っておきましょう。もちろん第一印象も大切ですから、身なりはしっかりと整えておきます。衣類にシワがないか、靴が汚れていないかチェックしましょう。また、面接時間には余裕を持って出かけましょう。