転職の非公開求人の割合

転職の場合、職種によっては求人サイトなどで検索をしても望んでいるような情報があまり出てこないことがあります。少しでもよい人材を採用したい企業は、公開で求人してしまうと内容を他社に知られてしまうので、それを避けるために非公開求人を行っているからです。また、急がずによい人材を捜すために非公開にしている場合もあります。転職の求人のなかで非公開求人が占める割合は、70%から80%といわれており、非常に多いです。非公開求人の情報を得るためには、人材紹介会社などに登録をすると、キャリアコンサルタントが求職者の希望と企業の希望をマッチングして紹介してもらえます。上場企業、優良企業、外資系企業などでは特に非公開での慎重な求人が多いようです。

転職して自動車工場

自動車工場というと2011年の震災の時には、東北に多くの部品工場があったために世界中で工場の稼働が不可能になり、生産がストップしたことは記憶に新しいところです。その後の回復は、予想を上回って順調です。震災以前からのリーマンショックの影響による落ち込みもあったものの、半年後には再び求人が増え、現在では転職者の求人も増加傾向にあるようです。ただし、各自動車メーカーは国内での生産を減少させる傾向にあるので、今後の求人の変化は不透明な部分が多いといえます。ヨーロッパの経済不安、円高、そして企業のグローバル化などいろいろな現象が、どのような結果をもたらすのかは見えにくい状況です。プラスになる要因もたくさんあるので、転職のチャンスを逃さず情報の収集をして備えておくのがよいでしょう。

転職して不動産営業

転職をして不動産営業の職に就きたい場合には、他の業界とは少し異なる状況があることも理解しておくことが必要です。会社の規模や営業の内容にもよりますが、採用時の年齢制限が比較的厳しく、35歳から40歳が上限になっています。若さと勢いが必要で、その上に知識や経験があればなおよいですが、体力勝負の部分が多い職種といえます。採用されたとしても勤続年数が短いことも特徴で、営業成績が悪ければ若くてもすぐに戦力外になってしまいます。特に新築マンションの電話による営業の場合には管理職を除けば、平均して数ヶ月しか持たないと言われています。その他でも、2年から5年のうちには、再度の転職をする例が多いようです。また年齢的にも、管理職以外は30代後半から50歳くらいまでが上限のようです。

転職してゲームプログラマー

ゲームが好きで、ある程度プログラムの知識があるとゲームプログラマーに転職したら、きっと毎日の仕事が楽しくてやりがいのあるものであろうと考える人もいるでしょう。多くの人を楽しませることができるゲームを制作する仕事は、確かにやりがいのある仕事です。ただ、外から見ているほど甘くないことを覚悟の上で自分の実力を確認して、転職活動をする必要があります。ゲームプログラマーにはプログラミングの技術も必要ですが、それ以上に感性、センスといったものが求められます。また、仕事は実に地道な作業の積み重ねであり、期限が迫れば不眠不休で会社に泊まり込みといったことも珍しくはありません。そして会社にもよりますが、大変な労働であるにもかかわらず、それほど高い収入が見込めるわけでもないということもあります。応募の際は慎重さも求められます。

転職して製薬会社

転職して製薬会社に行きたいと考えているならば、製薬会社や医薬系専門の人材紹介会社に登録をしておくことが、早く良い仕事を見つけるための近道です。製薬会社の仕事にも研究開発に携わるもの、医師や病院などとのパイプ役としてのMR、薬剤師、事務などいろいろなものがあります。いずれにしても専門の人材派遣は製薬業界とのパイプが太く、転職に結びつけることができるノウハウもあるため有利になります。製薬会社は一般に収入が高いといわれており、優秀なMRでは30代で年収1000万円を超えるという人も少なくはありません。内勤や事務職ではそれほどの高収入が望めないにしても、他の業界から見れば高い方です。ジェネリック医薬品の普及などで厳しい状況にはなってきていますが、資格や経験があるならば目指してみる価値のある仕事です。