転職してITコンサルタントの仕事をしたい

ITコンサルタントは中途採用にも広く門戸が開かれている業界で、現在この仕事をしている人の多くは転職を経験している人です。これまでの仕事の経験を活かすことができる仕事でもあり、特にSEや事業会社の管理系の職種を数年間積み重ねていれば、ITコンサルタントとして成功している例が多いようです。年収の高さという点でも注目されており、人気のある職業ですが、実際には地道な仕事という面が多く、外から見た華やかそうなイメージとはだいぶ違うかもしれません。転職を成功させるためには求人情報の収集が大切ですが、公開していない募集も少なくありません。コンサルティング業界を得意とする、あるいは専門のエージェントなどからの情報を上手に利用するとよいでしょう。実力が第一ですが、そのまえに求人情報に注目してタイミングを逃さないことが第一歩です。

転職して社内情シス

社内情シスは、会社の中で情報システム部門でのエンジニアとしての仕事をするものです。単なるSE業務にとどまらず、社外のソフトウェア開発会社への指示や依頼などITコンサルタント的な役割も持っており、システム構築のリーダー的存在です。そのために、これまでにSEとして培ってきたものが活かせる職場でもあり、転職して目指す人も多いようです。会社の規模などにもよりますが、収入は高めの傾向にあります。求人は転職者にも門戸は開かれていますが、常に募集しているということは少なく欠員の募集程度であり、非公開のものがほとんどですから情報収集が成功への第一歩として大切です。非公開求人の情報を得ることができるような人材紹介会社などへ登録をしないと、よい情報は得られないでしょう。

転職して電子系の仕事をしたい

電子系の仕事は、電子回路やICの設計などで、いろいろな分野で多くの製品開発に携わることができるものです。日本の工業の最先端の技術にかかわる仕事であり、魅力のある仕事としていろいろな産業で求められます。電子系の仕事はさまざまな企業で募集していますが、仕事の性質上公開での求人が難しく、個人での就職活動ではどうしても限界があります。転職に成功するための求人情報を得るためには、非公開求人を紹介してもらえるエンジニア専門の求人サイトに登録して紹介してもらうことが必要です。登録して会員になることで、カウンセリングによって求人している企業との間に入ってもらい、個人ではできないレベルでの売り込みをして転職活動を支援してもらうことができます。

転職して機械系の仕事をしたい

機械系の仕事は、精密機械やロボットなどといったさまざまな機械の設計や開発に携わるものです。大学で機械工学などを学ぶなどして関連の国家資格を取得するなど、専門的な知識や技術が必要とされます。転職するためには、技術や資格を持っていることがまず条件になります。たとえば自動車ならば、1台の車を作るために必要な3万以上におよぶ部品すべての設計に、それぞれの求める性能を持たせるための最高技術による設計がなされています。現在の機械系の設計にはCAD、分析ツールなどを使用する技術も重要視されます。試作品を何度も作りながら、何度も何度もテストを重ねて製品を完成させていく仕事は、とてもやりがいのあるものです。大切な製品の開発に携わる仕事なので、公開で求人することはほとんどありません。機械系への転職を希望する場合には、非公開求人を紹介してもらえるエージェントを通して活動するのが、いちばん良い方法です。

転職して回路設計

回路設計はさまざまな製品の制御回路、半導体製造装置の電子回路などを設計するものです。デジタル家電はもちろんのこと、自動車やそのひとつひとつの部品にいたるまで、ものづくりのためには無くてはならない職業です。転職するためには求人している企業を探す必要がありますが、公開求人に比べて非公開求人の数が圧倒的に多い業界なので、求人情報を得るためには支援してくれるサイトへの登録が必須です。キャリアコンサルタントとの面接を通し、自分にとって最も適切な会社を見つけることが成功の可能性を大きくします。とくに大手企業や優良企業といわれるところは、社外秘を守るためには非公開で募集せざるを得ないため、ひとりでの転職活動では、募集していることを知ることができないものがほとんどです。