転職して海外営業

仕事をしているうちに、日本国内を相手にするのではなく世界を相手に仕事をしたいという志を持ち、外資系や海外の企業に転職する方がいます。多くがなんらかの技術者であったり、言語に堪能で高度な専門職であることが多く、ヘッドハンティングによる場合もあります。しかし外資系や海外の企業でなくても、海外営業をしている日本の企業は多くあります。特に世界中で店舗を構えるチェーン、海外に製品や技術を輸出している企業です。日本の市場は飽和状態となっており、生産拠点ごと海外に移転している企業も少なくありません。こうした日本の企業状況を考えると、海外営業への転職機会は大いにあるといえます。もちろん営業の経験や語学力が必要とされることは言うまでもなく、相手とする国の文化やビジネスマナーを理解する努力も必要です。

転職して営業事務

転職して営業事務を目指す場合は、コミュニケーション能力とマネージメント能力が必要です。営業事務は、営業社員の全般的なフォローをしながら必要な書類の作成、顧客の電話応対など、様々な業務を臨機応変に対応することが求められます。この営業事務に向く転職者は営業の経験があるか、事務作業を臨機応変にこなすことができる人です。営業事務がいない場合、営業社員は様々な雑事をこなさなければなりません。そういった意味で縁の下の力持ちとして、サポートが得意な人には向いている業務です。営業事務を経験することでマネージメント力の向上、秘書的な実務経験を積むことができます。資格の取得やキャリアアップを目指し、活躍の場を広げることもできます。

転職してマーケティング

マーケティングといえば市場調査やCS調査、プロモーションなどが知られています。これらは、本来のマーケティング業務の一部です。マーケティングは消費者の求めるものを把握し、それを満たす商品やサービスを開発、販売するためのプロセス全体を指します。そのマーケティング業務には、幅広い知識が求められます。転職を考える上で、社会との関わりや地球規模での市場を捉えるマーケティング業務は新しいものを広めたい、人の役に立ちたいという人が向いているといえます。しかし、実際に日本においてマーケティングを総合的に統括している企業は少なく、一部の業務に特化していることがほとんどです。マーケティングに興味を持ち、特にどのような分野で何がしたいかを見極めることで、自ずと転職について具体的に考えることができます。

転職して人事の仕事をしたい

転職して人事の仕事がしたいという人はまず、自分がその職種に向いているかどうかを確認します。人事に必要な要素は、人を見る目と会話などのコミュニケーション能力です。新規社員の面接では、その人が会社にとって有益かどうかをある程度見極めなければいけません。履歴書や見た感じだけではとても判断しにくいことなので、会話をリードしながら相手の考えや人柄を引き出すことが大切です。面接以外にも日常的に人と接することが多い仕事ですから、コミュニケーションが上手いかどうかは、人事の仕事においてかなり重要なポイントとなります。加えて、好みで物事を判断しない公平性や守秘義務を貫ける人間性も求められます。また、パソコンを使っての書類作成や様々な手続き等も多いので、転職する前にパソコンの基本的なスキルは身に付けておく必要があります。

転職して法務事務

企業全体の法律に関わる業務を主に行うのが、法務事務です。取引商法の知識が必要な契約や弁護士とのやり取りなど、かなり専門的な高いスキルや能力が必要な職種です。法的な知識のほかにもパソコンのスキル、語学力、コミュニケーション能力をはじめとして様々な経験と知識が求められます。もちろん基本的な事務作業も必須ですから、まず一般事務を経験してから転職というケースも珍しくありません。能力次第で多額な収入を得ることも可能であり、近年の規制緩和や個人情報保護の厳密化等によって企業からの需要も高まっています。将来的には非常に明るい職種になる可能性も高いため、転職して法務事務の実務経験を積み、さらなるキャリアアップを目指すことも悪くないでしょう。