転職して機械設計

機械設計の仕事はあらゆる製品の製造に欠かせないものですから、いろいろな分野の製造業で求められています。機械設計としてひとくくりにするのは難しく、自動車や工業機械などの大きなものから半導体などの精密機械、電化製品などありとあらゆる製品をつくるために、必ず機械設計をするエンジニアがいます。このようにいろいろな業種で求められる職業ですが、ひとつの分野で培ってきた技術や知識は他の業界でも応用できるものばかりです。転職では自動車から精密機械へ、OA機器から医療機器へといったことが可能であることも特徴です。製品によってはより便利で使い易いものをつくるというだけでなく、恰好の良い製品をつくるセンスも必要です。また、現在の機械設計に必要なCADについての知識も必要です。そして転職者には技術や知識だけでなく、コミュニケーション能力の高さも求められます。

転職して生産技術に貢献したい

生産技術に貢献できる仕事は、世の中に製品として出ているいろいろなものづくりに関わることができる魅力的なものです。いろいろな分野で活躍することができ、これまでの経験を他の分野でも活かすことができるので、他業種への転職をする人も多く見られます。それぞれに専門的な知識や技術が必要なものなので、専門的な勉強をして資格などを持っていることが求められます。職場によっていろいろな環境の違いもあるので、同じ業界でもより自分に合っている環境のある会社へと転職するケースも多いです。地方での活躍の場もたくさんあるために、都会の大手企業で身につけた技術をもって、Uターンして故郷の生産技術に貢献したいという人もたくさんいます。

転職して金型設計

金型設計はあらゆる工業製品を形作るために必要な仕事であり、これなくしては日本の製造業はなりたたないというものです。いかに精度の高い金型をつくるかが、製品の完成度に大きく影響するものです。日本の金型製造の技術は特に優れており、世界中の最先端の工業を支えているといっても、過言ではありません。非常に精密な仕事であり、転職を成功させるには技術力が求められます。同時に良い製品をつくりあげていくためには、周りの部署との連携が必要ですから、コミュニケーション能力も求められます。転職の場合には特に即戦力が重視されるので、3DCADに関する技術も必須となります。需要の多い職種ですが、非公開求人が多いのでエンジニア専門の人材紹介サイトなどに登録して活動することをお勧めします。

転職して生産管理

生産管理の仕事は製品を製造している企業にとって、納期のなかで品質やコストや生産量を管理調整して需要に合わせた供給をしていくために、なくてはならない技術です。原材料の調達から製造、出荷にいたるまで、そして在庫の管理なども生産管理に含まれます。さまざまな環境や需要の変化に対応していけるだけの柔軟性をもっていることが大切です。転職では、これまでに培ってきたものを即戦力として評価してもらえるだけの技量をもっている必要があります。会社の製品生産の全貌を把握する力がなければ、管理を行うことはできません。社内のすべての部分との連携の要となる職種なので、リーダーとして人を引っ張って行く力も必要です。ディレクターやマネージャーの経験は役立ちます。同時に現在の生産管理は多くがコンピュータによってなされるものなので、即戦力が求められる転職にはITスキルが必須です。

転職してメディカル系の仕事をしたい

メディカル系の職業というと医療、医薬、製薬などの業界であり、そのなかでもいろいろな職種があります。資格を有していなければできないものもあれば、未経験でも転職できるものもあります。医師、看護師、薬剤師などの専門職は、特定の教育機関で学んで国家資格を取得しなければなりません。製薬会社のMRや医療機器の営業などではこれまでの他の職業での経験を活かし、そのものは未経験でも対応することはできます。実際に多くの求人があります。医薬品や医療機器などの研究開発では、それぞれの分野での専門知識が必要なものが多く生物学、生物物理学、化学系の学部を卒業していることが条件になります。その他に語学力が活かされるもの、特定のソフトウェアに精通していることが求められるものもあり、それぞれの持っているものを活かして転職ができる可能性があります。