転職して化学系の仕事をしたい

化学系の技術者の活躍する場は広く研究・開発職専門の会社から自動車会社、医薬品製造業、化粧品会社、その他製造業での研究開発部門までが含まれます。有機化学系と無機化学系に分類することができます。いずれも化学系の学部出身者であることが条件で、さらに企業のニーズに合わせた幅広い知識や技術が求められるものが多いです。これまでに化学系の仕事に携わってきて、さらに良い条件の会社に転職したい場合には、経験が評価される世界なので有利になります。逆に、未経験や経験が浅い人材の募集は少ないようです。そのために、異なる業種の研究開発の部門への転職をする人が多く、例えば接着剤メーカーからプラスチックの研究開発へ、自動車メーカーからガラスメーカーへといったものが大半をしめています。

転職して食品系の仕事をしたい

食品系での商品開発をする技術者の仕事に就くためには、バイオテクノロジーや製造設備などに関する専門知識や技術が必要です。必要な資格というものはありませんが、食品開発には食品化学や工業化学についての専門的な知識が特に必要で、少なくとも大学卒は必須です。大学院卒であると、有利なようです。転職ではこれまでの経験とともに、栄養士や管理栄養士の資格を持っていると評価される場合があります。また、売れる商品を作るために、ターゲットとなる購買層の志向や原価、コストの計算や価格設定といったところまでを考えることができる幅広い視野、分析能力、創造力といったものも求められます。転職して食品系の仕事に就くためには、企業が求めるニーズに応え即戦力となれるだけのものを持っていることが必要です。

転職して臨床開発

臨床開発に携わる技術者は、現在の日本では不足しています。時間がかかりすぎると言われている新薬の開発から承認までの時間を少しでも短縮するためには、さまざまな課題がある業界です。製薬会社の再編が急速に進んでおり、一昔前とはまったく違った状況になっています。そのなかで製薬会社が生き残っていくためには、臨床開発に重きが置かれています。企画開発や総括報告書作成、薬事申請などの経験がある技術者は、特に求められています。同業者のなかでさらに条件のよい他の会社へと転職をすることも、充分に可能になっています。転職に成功するためには、もちろん診療開発のスペシャリストとしての知識や技術が必要ですが、同じくらいに責任感と実行力、柔軟性やチャレンジ精神、そしてコミュニケーション能力の高さも求められます。

転職して研究開発の仕事をしたい

研究開発の仕事がしたくて転職を考えている方は、研究開発の求人そのものがそんなに多くはないことや、専門的な経験やスキルが必要になることをよく理解しておかなければなりません。研究開発の仕事に就くことを最優先にするのであれば、求人している企業の規模や勤務地、年収など、企業を選ぶ際にほとんどの方が重要なポイントとするところを可能な限り少なく、そして幅広くすることで採用される確率が上昇します。また、転職する自身の年齢が27歳以下であれば基礎研究系の仕事も視野に入れられますが、30歳前後以上ですと正直、基礎研究系は非常に厳しいものとなります。この場合は、セールスエンジニアなどの職種も視野に入れておくことが必要でしょう。

転職して食品生産開発

食品生産開発の仕事に転職を希望する場合、ほとんどの応募資格で食品開発経験のあることが条件とされています。そのほかにPCが操作できること、普通自動車免許を持っていることなどが挙げられます。食品開発分野ではない職業から転職するには、かなり敷居が高いものです。このほか、未経験者でも採用するところもありますので、結構な時間を必要とします。まずはそのようなところから経験を積み上げ、最終的に自身の希望する企業へ応募するという選択もあります。そのほかには即戦力としての採用でなく、人材を育成することを念頭に置いた企業もあります。特に経験は必要としませんが、大学での専攻などが応募条件になる場合もありますので注意が必要です。