息子は来年度の転職情報を無料求人雑誌に掲載されている企業に応募するつもりです。一人暮らしをしている息子にとって食事が一番の悩みということです。それなら飲食関係の店に勤めるのが手っ取り早いのです。無料求人雑誌は数種類のものがコンビニに置いてあります。買い物をしたついでに求人雑誌をもらってくるだけで就職活動ができるのです。飲食関係ではまじめに勤務してくれる人を探しています。店の運営はホールにしても調理補助にしても人が全てです。必要人員が確保できなければ来店されたお客様に満足のいくサービスを提供することは難しいのです。休まずにまじめに働いてくれる人はどれほど貴重か、店長なら皆そう思っているのです。仕事は始めからできる人はいません。少しずつ覚えていくのです。まじめに仕事に取り組む人であれば店は絶対に採用してくれます。重宝がられる人材に自分がなるのだという強い意志が必要です。とにかく休まずにローテーションを守ることができる人は給料も上がっていきます。

一人暮らしで食事が不規則だったり美味しい料理ができない場合でも、飲食関係に勤めれば賄い食が出たり、店のメニューを格安で食べられたりしますから、食事に困ることはありません。できれば、ステーキやハンバーグの店が良いでしょう。息子に限らず、若い人は肉類が大好きです。ステーキなんて毎日食べられるものではありませんから、ステーキハウスで修行を積むのも良いですね。私だったらステーキハウスで調理を覚えるでしょう。ハンバーグレストランでも良いですね。とにかく肉類をメインにサイドメニューも充実したお店なら楽しめそうです。飲食関係の仕事できついのは立ち仕事だということです。初めのうちは足の踵が痛くなったり、ふくらはぎが痛くなったり、腰が痛んだりして辛いことも多いと思います。それでも若いうちは耐えることができるでしょう。年を取ると立ってるだけでも背筋が痛くなったり、膝が痛くなったりします。

若いうちに修行を積むことはそれだけ肉体的に耐えられるからです。ファーストフードの店も良いです。メニューが豊富なので、レジも厨房も大変でしょうが、やりがいはあると思います。ファーストフードの場合、ひっきりなしにお客様が来店されるので、息をつく暇も無いくらい忙しいでしょうから、疲れる反面時間が経つのが早いので、長時間働くためには時間が早く経つ仕事が良いかもしれませんね。ものは考えようですね。